未分類

医療脱毛はどれくらい痛い?脇やvioなどの痛みや麻酔について解説!

医療脱毛を受けたいと思っているものの、「医療脱毛は痛い」という話を聞いて不安になっている人、結構多いのではないでしょうか。

痛みがあるとなると、痛みに弱い人はもちろんですが、痛みに強い人でも気になってしまいますよね。

そこで今回は、医療脱毛の痛みや麻酔について解説します。

医療脱毛がエステ脱毛より痛い理由

一般的に医療脱毛は、脱毛サロンで行われているエステ脱毛よりも痛みが強いと言われています。

なぜかというと、脱毛機の照射パワーが違うからです。

医療脱毛は強い照射パワーで施術を行うのに対し、エステ脱毛は弱い照射パワーで施術を行います。

照射パワーの強さが、必ずしも痛みの強さと比例するわけではありませんが、医療脱毛は照射パワーが強いので、エステ脱毛よりも痛みが強い傾向にあるのです。

ちなみに、この脱毛の痛みの正体は、レーザーを照射した際に毛根部分で発生する熱。

この熱が周囲の皮膚にも伝わってしまうため、痛みを感じてしまうのです。

痛みが不安という理由で、あえてエステ脱毛を選ぶ人もいます。

医療脱毛で痛いのは「熱破壊式脱毛」

一言に医療脱毛といっても、

  • 熱破壊式脱毛
  • 蓄熱式脱毛

の2つに分けることができます。

この2つのうち、痛いのは熱破壊式脱毛のほうです。

熱破壊式脱毛では、メラニン色素をターゲットに強い単発のレーザーを照射するため、痛みを感じやすいとされています。

どれくらいの痛みなのかというと、よく例えられるのが「輪ゴムでバチンと弾かれたような痛み」。

想像しただけでも「うわっ…」と思ってしまうような痛みですが、「思ったより痛くなかった」という人もいるので、個人差は大きいようです。

蓄熱式脱毛は痛みが少ない

一方で、蓄熱式脱毛のほうは痛みが少ないと言われています。

蓄熱式脱毛は痛みが少ないというのは、エステ脱毛での蓄熱式脱毛(SHR脱毛・THR脱毛)も同様です。

強い単発のレーザーを照射する熱破壊式脱毛とは違い、蓄熱式脱毛は弱いレーザーを連続照射して、肌をじわじわと温めることで脱毛します。

弱いレーザーで施術可能な分、少ない痛みで施術が受けられるのです。

とはいえ、「熱破壊式脱毛は一発強い痛みが発生するのに対し、蓄熱式脱毛は弱い痛みが連続で発生する」という話もあるので、痛みが全くないわけではない様子。

また、痛みというよりも、「熱いマグカップを押し当てられたような感覚」と例える人もいるので、弱い痛みや熱さを感じる可能性があることは、覚悟しておいたほうが良いでしょう。

「痛いほうが効果的」とは言えない!

よく「脱毛は痛いほうが効果的」と思っている人が多いようですが、痛いほうが効果的とは言えません。

「医療脱毛かエステ脱毛か」で見れば、確かに痛みが強い傾向にある医療脱毛のほうが、効果的とは言えます。

しかし、先ほど紹介した蓄熱式脱毛のように、医療脱毛でも痛みが少ない脱毛機があるので、痛いほうが効果的とは限りません。

むしろ、痛いほうが効果的と思い込んで、痛みが強いのに我慢して施術を受けると、ヤケドなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあり、危険です。

また、痛みがトラウマになって脱毛の続行が困難になる可能性もあるので、痛みは我慢しないほうが良いでしょう。

蓄熱式脱毛は全般的に痛みが少ないですが、熱破壊式脱毛でも、

  • 冷却機能
  • 吸引機能

など、痛みを軽減する機能が搭載されているものもあります。

そういった意味でも、痛いほうが効果的とは限りません。

医療脱毛で痛い部位は?

医療脱毛の痛みは、部位によって異なります。

特に痛い部位は、一体どこなのでしょうか?

脇・vioがダントツ!

「医療脱毛で痛い部位」として多くの脱毛経験者が挙げるのが、脇とvioです。

皆さんもご存知の通り、脇とvioはいわゆる「性毛」と呼ばれる、濃くて太いムダ毛が生えています。

濃くて太いということは、ムダ毛に含まれているメラニン色素も多いので、脱毛機にもよく反応するため、痛みが強い傾向にあります。

また、脇とvioはいずれも、ムダ毛が密集して生えている部位でもあるので、そういった理由でも、痛みを強く感じる人が多いです。

vioの場合は「デリケートゾーン」と呼ばれている通り、皮膚が敏感であることも、痛みを強く感じる原因になっています。

顔も比較的痛みが強い

顔は産毛が多い部位なので、痛みが少ないのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。

産毛に反応しにくい脱毛機の場合、産毛にも反応させるために照射パワーを上げて対応することがあるので、その分痛みが強くなることがあります。

また、顔は皮膚が薄いですし、骨に近い部位もあることから、そういった理由でも痛みを強く感じる可能性があります。

他の部位の痛みはどう?

脇・vio・顔以外の部位だと、

  • 皮膚が薄い
  • 産毛が多い
  • 骨が近くにある

といった特徴のある部位は、痛みを感じやすい傾向にあります。

この特徴に当てはまるのが、

  • ひざ
  • ひじ
  • 手の甲と指
  • 足の甲と指

といった部位。

脇・vio・顔ほどではないものの、痛みを感じるかもしれません。

ヒップのように、尾てい骨に近い部分と脂肪がたくさんついている部分とが混在している部位もあるので、同じ部位の中でも痛みは異なります。

医療脱毛が痛い時や痛みが不安な時は麻酔が使える!

医療脱毛では、スタッフが冷却や保湿などのケアを行ったり、脱毛機そのものに痛みを和らげる機能がついていたりする場合もあります。

ですが、医療脱毛を実際に受けてみて「痛い」と思った時や、痛みが不安で施術を受けるのが怖いという場合は、麻酔を使うことができます。

麻酔が使えるのは、医療機関で行われている医療脱毛だからこそ。

医療機関ではない脱毛サロンでは麻酔は使えません。

麻酔の種類

医療脱毛で使用される麻酔は、主に

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム

の2種類です。

笑気麻酔 吸引するタイプの麻酔。

吸引して麻酔の成分が体に摂り込まれると、お酒に酔ったような感覚になり、痛みだけではなく不安や緊張も和らげることができます。

麻酔クリーム 皮膚に塗るタイプの麻酔。

施術の30分前に塗っておくことで、施術時の痛みを和らげることができます。

医療脱毛クリニックによっては、「麻酔テープ」や「静脈麻酔」を用意しているところもありますが、笑気麻酔と麻酔クリームを用意しているところが多いです。

どのような麻酔を用意しているのかは、医療脱毛クリニックの公式サイトに掲載されているので、チェックしておきましょう。

麻酔代がかかるかどうかは要チェック!

医療脱毛の痛みを和らげることができる麻酔ですが、医療脱毛クリニックによって、麻酔代がかかる場合とかからない場合とがあります。

例えばレジーナクリニックでは、麻酔代もすべてコース料金に含まれているので、麻酔代を別途負担する必要はありません。

一方でリゼクリニックでは、麻酔代を別途負担する必要があるので、麻酔をお願いした分だけ料金も高くなります。

麻酔代がかかるかどうかは、医療脱毛クリニックの公式サイトに掲載されているので、チェックしておきましょう。

「麻酔代を節約したいから」といって、麻酔代がかかる医療脱毛クリニックで、強い痛みに耐えながら施術を受けるのはおすすめできません。

麻酔代といっても、1回あたり1,000~3,000円程度で高額なものではないので、無理せず麻酔をお願いしましょう。

麻酔以外でも痛みは緩和できる!

医療脱毛の痛みは、その日の肌や体の状態によっても変わります。

例えば、

  • 肌の乾燥
  • 日焼け
  • 生理中

といったことが原因で、痛みが感じやすくなっていることもあります。

逆をいえば、痛みを感じやすくする原因を取り除けば、麻酔を使わなくても痛みを緩和することはできます。

保湿ケアを行う

肌が乾燥している状態というのは、肌のバリア機能が低下していて、刺激に弱くなっている状態でもあります。

そのため、肌が潤った状態と比べると、施術時に痛みを感じやすくなります。

医療脱毛クリニックのほうからも指示が出るかと思いますが、保湿ケアをしっかりと行って、肌のバリア機能を低下させないようにしましょう。

保湿ケアをしっかりと行うことで、脱毛効果も出やすくなりますし、施術後の肌トラブルも防ぐことができるので、そういった意味でも保湿ケアは重要です。

日焼けをしないようにする

医療脱毛で使用している脱毛機の多くは、メラニン色素に反応してレーザーが照射される仕組みです。

そのため、日焼けをしていると、日焼けによって肌の内部で作られたメラニン色素にも脱毛機が反応してしまい、施術時に痛みを感じやすくなります。

ですから、普段から紫外線対策をしっかり行って、日焼けをしないようにしましょう。

日焼けをしていると、痛みを感じやすくなるだけではなく、施術自体が受けられなくなることもあるので、医療脱毛クリニックに通う期間が長引いてしまうこともあります。

生理中の施術を避ける

ほとんどの医療脱毛クリニックは、生理中でもvioやヒップ以外の施術は可能です。

ただ、肌がいつも以上に敏感になっているので、施術時の痛みを感じやすくなる可能性があります。

「予定通りに施術を受けて、早く脱毛を完了させたい」という人も多いかと思いますが、生理中は無理をしないようにしましょう。

蓄熱式脱毛で施術してもらう

冒頭のほうでも紹介した通り、蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛よりも痛みの少ない施術が可能です。

麻酔に頼らずに痛みの少ない医療脱毛を受けたいのであれば、蓄熱式脱毛で施術してもらいましょう。

蓄熱式脱毛機を導入している医療脱毛クリニックは、まだまだ数が少ないのが現状ですが、

  • レジーナクリニック
  • フレイアクリニック
  • アリシアクリニック

といった大手の医療脱毛クリニックでは、蓄熱式脱毛による医療脱毛が受けられます。

照射パワーを下げてもらう

医療脱毛クリニックのスタッフも、患者さん1人1人に合った照射パワーに設定して施術を行っています。

ですが、痛みが強い場合、もしかすると脱毛機の照射パワーが強い可能性もあります。

痛みが強い原因は他にも考えられますが、まずは「痛い」ということを伝えて、照射パワーを下げるようにお願いしてみましょう。

医療脱毛は痛いけど麻酔で緩和できる!痛みが不安な人でも安心して!

今回は、医療脱毛の痛みや麻酔について解説しました。

医療脱毛はエステ脱毛と比べると痛みが強い傾向にありますが、必ずしも痛みが強いとは限りません。

蓄熱式脱毛だと痛みは少ないですし、脱毛機に痛みを軽減する機能がついていることもあるので、思ったほど痛くなかったという人もいます。

また、医療脱毛なら麻酔を使うこともできるので、痛みが気になる場合は麻酔で軽減することも可能です。

麻酔が使用できる分、エステ脱毛よりも痛みの少ない脱毛が受けられる可能性もありますから、医療脱毛の痛みを警戒する必要はないでしょう。