未分類

白髪は脱毛できる?効果的な脱毛方法と注意点を解説

年を重ねると増えてくる白髪。

髪の毛だけでなく、顔や身体のどこにでも生えてきます。

また、白髪は高齢者だけに現れるものではなく、20代でも白髪が生えてくる方もいます。

そしてこの白髪の厄介なところは、「脱毛しにくい」という点です。

ここでは白髪が生える原因、なぜ白髪は脱毛しにくいのか、そして白髪を脱毛する方法を解説していきます。

なぜ白髪は生えてくるのか

毛は、メラノサイトがチロシナーゼという酵素の一種を元に色素を生成し、毛母細胞に運ばれ、白い毛がメラニン色素で着色されることで黒く生えてきます。

白髪はメラニン色素の生成が少なくなり、毛に着色できるメラニン色素が減少することで起こります。

白髪は一般的に老化現象と認識されていますが、実際には白髪になるメカニズムは完全には解明されていません。

また、白髪は老化以外の様々な要因で引き起こされます。

白髪になる原因

白髪になる原因には以下のようなものがあります。

  • 加齢
  • 遺伝的な体質
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ

加齢

年を取るとともにメラニンの生成力は落ちていきます。

これはメラニン色素に必要なチロシナーゼが減少してしまうためです。

遺伝的な体質

白髪になりやすいかどうかは、遺伝子にも左右される部分があります。

特に、若いころから白髪があるなどの場合は、体質によるものかもしれません。

ストレス

ストレスもメラニンの生成を阻害することがあります。

ストレスに長時間晒されていると、メラニンの生成だけでなく心身ともに悪影響を受けるので、白髪の原因になります。

生活習慣の乱れ

  • 食生活の乱れ
  • 寝不足
  • 飲酒
  • 喫煙

なども白髪を増やす原因になります。

体に必要な栄養がいきわたらなかったり、十分な休息が取れていなかったりすると、必要な細胞が生成しづらく働きも鈍くなります。

白髪が元に戻ることはある?

残念ながら、一度白髪になってしまうと元に戻す方法はありません。

メラニン色素の生成を阻害しないよう、健康的な生活を送ってできる限り予防していくしかありません。

しかし、白髪のメカニズムが完全に解明されていないため、予防法も確立されているわけではないので、確実に予防できるわけではないということは覚えておきましょう。

白髪予防に効果があるといわれているもの
  • ビタミンやミネラルが豊富な食品を食べる(海藻類・納豆など)
  • ストレスを避ける
  • お酒やたばこを控える
  • しっかりとした睡眠をとる
  • 運動やストレッチなどで血行をよくする
  • 紫外線に長時間当たらない

白髪を脱毛する方法はある?

一般的な医療脱毛・光脱毛では効果がない

白髪の脱毛は、一般的な医療脱毛(医療レーザー脱毛)や光脱毛では効果はありません。

一般的な医療脱毛・光脱毛は、メラニン色素に反応させて脱毛するので、メラニン色素のない白髪では、効果が発揮できないのです。

最近では、バルジ領域をターゲットにした蓄熱式脱毛を導入しているところで、「白髪に効果がある」と謳っていることもありますが、実は間違いです。

蓄熱式脱毛機も、今までのメラニン色素に反応させる脱毛方法と同様、熱を発生させるためには、メラニン色素に反応させる必要があります。

つまり、産毛や細い毛でも、メラニン色素があるから効果が出ているということ。

メラニン色素が全くない白髪では、脱毛に熱を蓄えることができないので、一般的な医療脱毛や光脱毛では脱毛ができないのです。

ニードル(針)脱毛なら確実

白髪の脱毛をしたい方は、ニードル脱毛をするのが一番効果的です。

専用の針を毛穴一つひとつに差し込み、毛根に直接電流を流して破壊していきます。

メラニン色素に左右されないため確実に脱毛できます。

元々、色が薄い毛を持った方用のために開発された脱毛方法であるため、どの色の毛に対しても確実な効果を発揮します。

デメリットは、「針を差し込む、電流を流す」という工程のため、施術にかなりの痛みが伴うことです。

また、高い技術も求められるので、費用も高くなり、一本一本処理していくので脱毛する毛が多いと1回の施術時間もかなりかかります。

白髪はどこで脱毛できる?

二―ドル脱毛は、医療脱毛クリニックや脱毛サロンで受けることができますが、どこでも提供されているわけではありません。

ニードル脱毛は高度な医療技術であるため、取り扱える人が限られています。

そのため、ニードル脱毛を提供しているのは、全国展開している大手よりも地元密着型の医療脱毛クリニックや脱毛サロンが多い傾向にあります。

ニードル脱毛の種類

医療脱毛クリニックで採用されている医療針脱毛(絶縁針脱毛)

医療針脱毛(絶縁針脱毛)は、医療脱毛クリニックでのみ取り扱われているニードル脱毛です。

肌の表面に電流は流れず、毛根にピンポイントで電流を流すことができるので、火傷や肌トラブルのリスクが低いという特徴があります。

ニードル脱毛の中では、痛みが軽いのも大きなポイントです。

医療脱毛クリニックなので、麻酔を使って痛みを軽減することもできます。

脱毛サロンでは2種類の方法がある

今の脱毛サロンでは、「フラッシュ法」か「ブレンド法」のどちらかが採用されています。

  • フラッシュ法:電流ではなく高周波の電気を流す方法
  • ブレンド法:フラッシュ法と、微弱な電気を針に流す「電気分解法」を合わせた方法

この二つの方法は、電流が肌の表面まで流れてきてしまうので痛みが強く、「火傷や色素沈着などの肌トラブルリスクが高い」というデメリットがあります。

そのため、流す電流の出力を下げて施術を行いますが、その分通電時間が長くなり、結果的にさらに痛みが増すという悪循環に陥る可能性もあります。

脱毛サロンのニードル脱毛では、医療機関ではないので麻酔を使ってもらうことはできません。

ニードル脱毛のメリットとデメリット

ニードル脱毛のメリット

本当の意味で肌質・毛質を問わない

ニードル脱毛は、どんな肌質や毛質でも完全に対応することができます。

一般的な医療脱毛や光脱毛では

  • 日焼け直後の肌
  • ほくろやタトゥー上の毛
  • 眉周りの毛
  • 粘膜の毛

などには対応できませんが、ニードル脱毛はそれらの制限を受けません。

また、白髪まで脱毛できるので、毛の濃さや細さも影響を受けることもありません。

そのため、誰でも脱毛することができます。

即効性がとにかく高い

医療脱毛や光脱毛だと、毛が抜け落ちるまでに時間がかかりますが、ニードル脱毛はその場で毛が抜けるほど、即効性に優れています。

また、「一度毛が抜けたら二度と生えてこない」と言われるほど、脱毛効果が高いのも大きなポイントです。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は費用が高め

ニードル脱毛は、一本一本処置していくことや高い技術が必要なため、医療脱毛や光脱毛に比べると費用が高くなります。

医療脱毛や光脱毛は部位ごとの値段設定であるのに対し、ニードル脱毛は本数ごと、または分単位で料金設定されています。

また、一度に施術できるのが一本ずつであるため、長期間通う必要があり、費用的な負担も大きくなります。

痛みがかなり強い

医療脱毛や光脱毛に比べると、痛みがかなり強いので、「痛みに耐えられるかどうか」ということも、大事なポイントです。

医療脱毛クリニックでは、麻酔の用意はされていますが、顔周りや皮下脂肪の薄い部位などは強い痛みが走る可能性があります。

カウンセリング時に、施術のフローやどんなケアがあるのか、しっかり説明してもらったうえで検討しましょう。

ニードル脱毛に対応している医療脱毛クリニックや脱毛サロンが少ない

ニードル脱毛の一番のデメリットは、対応している医療脱毛クリニックや脱毛サロンが少ないことです。

住んでいる地域になく、遠くの医療脱毛クリニックや脱毛サロンに出向くことで、膨大な交通費がかかってしまうこともあります。

白髪脱毛をするなら、実績豊富な医療脱毛クリニック・脱毛サロンを選ぼう!

白髪を確実に脱毛できる方法は、現時点ではニードル脱毛しかありません。

即効性が高く、毛が再生する可能性もほぼないなどメリットは多くありますが、

  • 痛みが強い
  • 費用が高額になる
  • 施術に時間がかかる

などのデメリットもあります。

またニードル脱毛は取り扱っているところが少ないので、自分に合ったものを探すのも大変です。実績が長く、安定した技術力があるかなども良く調べて選ぶようにしましょう。

できるだけ白髪がないうちに脱毛するのが理想ですが、白髪が生えているのであれば、「ニードル脱毛ではない脱毛方法で脱毛した後に、残った白髪をニードル脱毛で脱毛する」といった形で、時間や費用を抑えるように工夫するとよいでしょう。